160年の伝統から生み出された究極の漆喰を製造!

160年の伝統が生み出した究極の和漆喰である
「JAPAN漆喰」の製造方法と特長を動画でご覧ください。
石灰石の源について、石灰石の採掘~土中炉と呼ばれる塩釜で焼成される石灰~混合までをワンストップで作られる過程を動画にしました。

何からできていますか?

漆喰の主原料である、石灰は日本で唯一自給可能な鉱物資源と言われています。
石灰岩は太古の海中でサンゴ虫類などの海棲生物が堆積、化石化したものが、長い年月をかけて大陸まで運ばれたもので、"まさに太古の海からの贈りもの"です。石灰岩を土中炉で焼成する事により、純白な生石灰ができます。
コテ塗りでの塗り付けがスムーズにいくように、糊となる材料を混ぜる必要があります。 つのまた、ふのり、銀杏藻などの天然海藻を炊いてつくった糊を混ぜます。
漆喰は水を加えて練ったものを塗り付けますので、乾燥した際に材料が収縮します。 石灰単体で塗り付けると、収縮時にひびが入るケースがありますので、細かい繊維状の麻スサを入れて、収縮を防いでいます。この麻スサでひび割れを防止しています。

どうやってつくっていますか?

採掘

石灰の製造は石灰石鉱山での採掘から始まります。日本有数の石灰石の産地である栃木県佐野市から、純度の高い良質な石灰石だけを使っています。この地区の石灰石は2億5千万年前のサンゴ虫類、フズリナ類などの海棲生物の堆積物が起源となっています。

焼成

適切な大きさに粉砕された石灰石をおよそ1000℃の高温で焼いていきます。漆喰に使用される石灰は土中炉と呼ばれる窯で岩塩をまぜて、じっくりと長時間かけて焼成していきます。この製法は塩焼と呼ばれ、長い歴史の中で完成された歴史的な製造方法です。塩焼で製造された石灰はより白く、ひび割れのしにくい強い漆喰ができあがります。

消化

焼成により、石灰は生石灰と呼ばれるものになり、焼く前の石灰石にくらべ軽く、白色化します。この生石灰に水を掛けると発熱し、消石灰となります。この工程を消化といい、この消石灰が漆喰の原材料となります。日本の伝統的な製造方法は少量の水を加え、消石灰の粉末を得る乾式消化と呼ばれる方法を用います。

混合

こうして得られた消石灰に、天然海藻の糊と麻スサを入れて、漆喰となり、水を加えてよく練り上げていきます。
施工時に水を加えなくても良いように、調合されています。

どんな特長がありますか?/

環境性

「しっくい」は自然のサイクルに従って元の石灰石に還っていく、循環型の材料です。
焼成→消化→硬化という一連の流れを経て、仕上がった美しい壁の成分は採掘された石灰石と同じ炭酸カルシウム(CaCo3)となります。漆喰は乾燥硬化の際に炭酸ガスを取り込むことで硬化しますが、この硬化反応には数年単位の時間を要します。最終的には1m2あたり約600g(500mℓのペットボトル換算で約664本分=330ℓ相当)の炭酸ガスを取り込みます。このような性質を持つ壁材は他にはありません。

調湿・消臭性

「しっくい」の表面は多孔質な素材のために「呼吸する壁」と言われています。
湿気の多い夏には湿気を吸収してジメジメ感を解消し、冬の乾燥時には湿気を放出し、四季を通じて快適な湿度を保つだけでなく、塗り壁自体が呼吸することで、タバコの臭いや有害物質を吸着・分解し、部屋の空気をいつもきれいに保ちます。

抗菌性

「しっくい」の主原料である消石灰は強アルカリ性のため、殺菌効果があります。調湿性能とのダブル効果でアレルギーの原因となるカビ・ダニの発生を防止します。衣類の部屋干し特有のニオイもなく、ホルムアルデヒドを吸着・分解、無害化する機能も持ち合わせています。

不燃性

古来から「しっくい」が家屋に使用されてきた大きな理由の一つが、その不燃性です。
しっくいは原材料が無機物であるため、火気に強く、高い防火性能を有し、燃える事はありません。
今も残る土蔵造りは、延焼を防ぎ貴重な財産を守るため、江戸時代に発展したものです。

安全性

栃木から産出した、純度の高い消石灰を主原料に、つのまた糊、麻スサを原材料とした、100%自然素材から生み出されております。アレルギーの原因となるホルムアルデヒドは勿論のこと、VOC(揮発性有機化合物)は一切含まれておりませんので、安全で無害な壁材として。赤ちゃんがいるご家庭でも安心してご使用いただけます。


作業性

「Japan漆喰」はあらかじめ、水を混ぜてありますので、現場で地調合する必要はありません。
開封後に攪拌して、そのままお使いいただけます。

【仕上がりパターン】


標準仕様

設計価格¥13,000/缶
種類内装仕上塗材
成分石灰・つのまた糊、麻スサ
内容量25kg/缶
標準塗り厚2mm〜3mm
標準塗布面積約10m2/缶
標準塗り付け量2.5kg/m2
登録番号:0307217F

施工方法

【目地処理】
  • 石膏ボードのジョイント部分にMK目地材をコテまたはヘラで塗り付けて、乾燥させてからジョイントテープを貼ってください。
【コーナー処理】
入隅:
ジョイントテープまたは、寒冷紗で補強してください。
出隅:
入隅同様にジョイントテープで補強するか、コーナー定木(3mm白)を埋め込んでください。
  • ※GL工法で施工した石膏ボードの場合、目地での亀裂発生は避けられないので、お奨めできません。
  • ※その他の下地(RC補修面、モルタル、既存の漆喰等)についてはお問い合わせください。

注意事項

【はじめに】
  • 釘などで錆の恐れがある個所は錆止めを行ってください。
  • 施工中は周辺の部材(見切り材、台輪、巾木等)を汚さないように養生テープ等で適切な処理をしてください。
     (本製品は強アルカリ性のため、特に赤身の木材に触れるとアクが発生する場合があります。)
  • 下地は専用の下地材を使用し、平滑に仕上げ、十分に乾燥させてください。
【施工時】
  • 必ず攪拌したのち使用してください。攪拌の際に加水しないでください。
  • 施工中および施工後一週間は、気温が5℃以下にならないように温度管理をしてください。
    (低温による乾燥は白華発生の原因になります。)
  • 詳細は施工要領を参照してください。
【施工後】
  • 施工後は水分の蒸散により、結露しやすくなりますので、できるだけ通風に配慮し、自然乾燥を行ってください。
    エアコンによる急激な乾燥・通風はひび割れの原因になりますので、避けてください。
  • 残った材料は空気に触れないよう密閉し、日の当たらない涼しい所に保管してください。再使用できます。
Japan漆喰 施⼯要領書

ギャラリー/

▲ページの先頭へ