ストーリー
『地球に水を還すために。』

すべては、地球の水を守るために

新しい建築資材を探すために、訪れたヨーロッパの建材市場。
そこでわたしたちと出会った商品。それは「グラベルフィックス」という、砂利敷の路面を固定、安定させる材料でした。

本国はオランダ。「砂利」といえば日本では古くから使われているものの、扱いにくさもあるイメージ。
それをなんと、砂利道が歩く易くなるという逆転の発想で生まれた商品。

その商品開発には、単なる砂利が主役になるという目的だけはない、サスティナブルな思考があったのです。

グラベルフィックス|ストーリー

造園業界の問題解決に取り組むエキスパート企業になるという誓い。

BERA社CEO ロブ・J・アディンク氏がBERA社を設立したきっかけは、
以前にロシア、マレーシアで空調機器の グローバルセールス/マーケティングディレクターとして働いていた時に始まります。

マレーシアは、周辺を海で囲まれていて自然も多く、水に困ったことがない国です。
しかしそのマレーシアでさえ乾季には、灌漑(かんがい)に見舞われ他の国から水を輸入しなければならないことに驚きがありました。
また、オランダも、国土の50%が海抜0m以下の地域となる為、常に、浸水などの防止策を行い続けています。
水による不便さを身近で感じていながら、庭がアスファルトなどの硬い舗装で塞がれると、水が浸透しなく、
道路に溢れ出ることが頻繁に起こるようになりました。

限りある資源「水」が道路に溢れ出ている!そんな状況に疑問を持ち始めたロブ氏。
それは、一部の造園業者も思っていることだったのです。

そこから、造園の専門家と何度も何度も話し合い、”建築家や請負業者を支援し、造園業界の問題解決に取り組むことで、
これから地球にとって大切になる「水」つまり「雨水」を守るためのエキスパートになることを決心。
このとき、多くの仲間が、共感してくれ、力を貸してくれたと言います。

グラベルフィックス|ストーリー

地球に水を戻すには。これに応える答え探しから開発が始まった。

グラベルフィックス|ストーリー
アスファルトと対比したのは「砂利」でした。
太陽の照り返しが少なく、ヒートアイランドの防止にもなります。
でも、踏み固めたときの固さは、弱い。

そこで、その砂利を固定して安定する形状を徹底的に考えました。
さらに、造園の専門家と話を進めていくうちに、不織布を利用すると雨水が地面に浸透するのを邪魔しないし、効率的と気づきます。

そして、その形状をかたちづくるものとして高品質なポリプロピレンを選び、再生可能な原料にこだわりました。
持続可能な原料を使用することで、完全循環型の製品を実現させたかったからです。

こだわったのは、企業選び。

グラベルフィックス|ストーリー
BERA社は2009年にCegan社と協力し、2010年に生産を開始しました。

開発・生産するにあたり、BERA社は、ある要件を満たす製造会社を探していました。
その要件とは「主流な電力を使わず、完全に自給自足できる独立生産が可能な会社」である、ということです。
候補社のなかから選ばれたのが、Cegan社。
こちらは、製造内50%以上が障がいのある方を雇用し地域にも貢献している優良企業です

こうして、わたしたちのストイックなまでのこだわりは、
「地球に水を貯えることができる手助けをするグラベルフィックス」ということで、
数多くの建築家や、建物オーナーに認められ、2019年に時のチェコ共和国首相、ボフスラフ・ソボトカ氏が訪問し、
「Cradle-to-Cradle認定」を受けることとなったのです。
これは、日本語に訳すと「ゆりかごからゆりかごまで」という意味。

グラベルフィックス|ストーリー

これまでのモノづくりは、資源から製品を作り出しては必ず「ゴミ」となっていた。
(ゆりかごから墓場まで) そうではなく、原材料から作られたモノを再び原材料に戻そう(ゆりかごからゆりかごまで)という
新しいモノづくりの考え方の元、厳しい評価基準をクリアして、
グラベルフィックスはシルバー認定を取得するまでのサスティナブル建材として、世界中に愛されています。

YAMACHI’s partner BERA社

「環境にやさしい」をテーマに、エクステリア商材からアウトドア商材まで多彩なエコ商品を展開。
オランダのアムステルダムに本社を構え、ヨーロッパを中心に、ニュージーランド、マレーシアなど、20カ国以上で販売網をもっています。
環境への絶え間ない企業努力が評価され、世界中に根強いファンが増え続けている新進企業です。