「家」を売っていますか?それとも「暮らし」売っていますか?

2021.03.15 UP

『家族が心地よく暮らすシーン』の提案って今のままでいいですか?


258016984.jpeg


すこし前から、「家」を建てるということは『箱』をつくるのではなく、家族の『ライフスタイル』を形作るものものだという理念が全国の建築会社様の間で提言されてきました。


今、各会社のHPには、『単なる空間』ではなく、『家族が心地よく暮らすシーン』の写真が掲載されていて、この会社で家を建てたら、どんな暮らしが実現するかが、創造できやすくなっています


「家」と「人」とは密接していますが、果たして、それだけで、「暮らし」のお手伝いのゴールに、いきつくのでしょうか『家族が心地よく暮らすシーン』をよりイメージしやすくするには、を考えていきたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・工務店は『暮らしデザイン』屋さんになるべき理由


・提案型の生活デザインは、どんなふうに取り入れるか


・『暮らしがよりイメージしやすいアイテム』紹介。


・変化させよう。コロナ禍の『暮らしデザイン』。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


工務店は『暮らしデザイン』屋さんになるべき理由


これまでの住宅供給は、売れば終わりで、お施主様も、建ててからの細かな不便があっても、そういうものなのかなーと思いつつ生活しておられる方も多かったのが事実。


しかし、今の住宅設計は、「もう一歩先の提案」として、住宅と家具家具と生活道具生活道具とライフライン、等というように、施主様のライフスタイル、ライフステージに合わせて住宅と家具家具と生活道具生活道具とライフライン、暮らしにかかわるすべてを、考えてく必要があります。


提案型の生活デザインは、どんなふうに取り入れるか。


東谷カタログ.jpg


では、住宅とと家具家具と生活道具生活道具とライフラインはどのように、提案していけばいいのでしょう?


家づくり計画には、いつの時代も『ヒアリング』が必須。それは、設計図を描くためでしたが、家具やインテリアも提案するなら、家具のサイズも細かな生活道具も全て設計図面に落とし込み、よりリアルにイメージできるように提案します。つまり、インテリアも「設計図」と考えていくべきなのです。「顧客の話を聞く」とは、「提案力」に他ならない。今、より分かりやすい、暮らしを立体化する「提案」は、自分の『暮らしがよりイメージできること』ということになりますね。



『暮らしがよりイメージできるアイテム』紹介。


わたしたちは、日本国内に星の数ほどある『暮らし創造アイテム』の中から、


これは!というインテリアメーカーをピックアップしました。


今回おすすめする2社は、今どきのデザインで、写真を見ただけで丸ごと売れるアイテムラインナップが揃っている メーカーです。




 ★おすすめメーカー:東谷(あずまや)★ 


通信販売やホームセンター、インテリアショップなど、家具から、小物、雑貨、ファブリックまでを取り扱う、総合インテリア製造メーカー。1913(大正2年)の創業と老舗です。ノックダウン式での家具などの開発で、比較的安価な価格帯です。


特に、オリジナルブランドの『ROOM ESSENCE』は、TOTALインテリアが提案できる組み合わせを提案しており、コーディネイトされた「カタログの写真にのっているインテリアが丸ごと売れる」という工務店様からの声が多い。


※ROOM ESSENCEカタログからの抜粋写真。


東谷カタログ_1.jpg


ROOM ESSENCE 電子カタログはコチラ




★ おすすめメーカー:関家具 ★


今、日本国内でもっとも注目されているファニチャー企業のひとつ。暮らしを豊かに、快適さや心地良さを感じる空間やライフスタイルを提案したいとの想いから、商品の企画・開発に力を注いでおり、多様なオリジナルブランドを展開しています。


室町時代から続く家具の生産地、福岡県大川市に位置していて、上質な北欧ラインの家具から、職人技が際立つインテリアまで上質なプロダクツを企画生産。若手社員がブランドの立ち上げを行っており、トレンドを取り入れる速さとセンスは評判です。


※ノーウェアライクホームカタログからの抜粋写真。


関家具カタログ.jpg


現在、家具、什器などの21のブランドを展開 ブランド紹介はコチラ


ブランド.jpg


ブランド_2.jpg




変化させよう。コロナ禍の『暮らしデザイン』


2020年から、ステイホームリモートワークおうち時間家族時間の充実と、世界中のライフスタイルに変化がありました。それは日本独自というより、地球上すべての人がこの新しい暮らしを少しずつ体験しようとしています。


そんな中で、関家具、東谷の2メーカーも、それに対応した商品を出しています。


関家具:オフィスへの提案もできる。什器提案。コロナ禍でお家ばかりではなく、オフィスも変化を求められています。人との距離を保つことで出来たスペースで、様々な取り組みが可能となった日本のオフィスシーン。新たな取り組みとして「オフィス改装リフォーム」に、取り組めそうですね。


コロナ.jpg



東谷:アウトドア製品の充実。家一緒に、アウトドア製品を提案できたら・・・。エクステリアアイテムの提案の幅の広がりと、アウトドアライフに憧れてるユーザーをつかまえることができるでしょう。


東谷アウトドア.jpg


この2社の時代に合わせたスピード感ある柔軟な商品開発力は、情報収集力が高い、デジタル世代にすぐに対応できる!と私たちは、考えています。


是非、今すぐ取り入れて、住宅やリフォームとのセット販売で「暮らしデザイン」ができる提案企業になりましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【商品のお問合せ】


●カタログ請求、掛け率、納期、お見積りなどは、お問合せフォームからお問合せください。


北海道 ✆ 011-261-9911(本社) / 東北以南 ✆ 03ー5652-3681(東京支店)


お問い合わせフォーム

以下のフォームにお間違いのないようご入力の上、「確認」ボタンを押してください。

問い合わせ内容必須
会社名必須
役職・所属部署
お名前必須
フリガナ必須
郵便番号  郵便番号検索
※半角数字・ハイフン(-)ありでご入力ください。
ご住所必須
電話番号必須
FAX番号
メールアドレス必須
お問い合わせの
きっかけ必須

※お問い合わせのきっかけをご入力ください。
業種必須
※業種をご入力ください。
お問い合わせ内容

お問い合わせは、「個人情報について」をご確認の上、ご了承いただける方のみご利用ください。