【グラベルフィックス事例】埼玉県 / A様邸

絵を描くように、砂利アート。


「この地域だからこそ。できるコトをやってきたい」


10.jpg


 カーポートを提案されたとき、まっさきに「この空間を、景観になじむアートにしよう」とかんがえたというランドネットの


地域的には、外構にお金をかけていくという考えが、まだまだ。だからこそ「提案力」で、勝負していきたい、そう。


大阪などの都市部では、外構やさんが力をいれているのはプール設置。でもこの地域は、プールじゃない。だったら何が合うのか。だまっていれば、アスファルトになってしまう中、「積極的な提案に、グラベルフィクスは、素晴らしい相棒になっています」とランドネット様



15.jpg


ナチュラルな感じが好きだというお客様に、「鳥を描いてみましょうか」と提案。


表札とデザインを合わせて、「砂利」の「カラーレイアウト」を『描く』ほ表現した、ランドネット様。


「これは、エクステリアの材料ではなく、アートだから。」といいきる姿勢は、まさにエクステリア事業をこえて、ランドスケープデザイナーの顔でした。


12.jpg


砂利自体は散らばらないように、特殊材料で固定しています。


「外国人なら、カーポートに絵を描こう!と思う人はいると思うんです。でもそれを日本人がやってるってまだまだいないから笑。そんな立場になっていきたい。


16.jpg


カーポートと連動している表札。この表札のデザインを忠実に再現している腕はすばらしい。