【盛況御礼】新建ハウジング・三浦編集長による「『一歩抜けた』地場工務店になる為には」セミナー

2019.02.05 UP

本日、札幌市白石区・コンベンションセンターで行われました、新建新聞社 三浦社長様によるセミナーへは、お足元がお悪い中、北海道全域より、たくさんの皆様にお集まりいただきました。


工務店・不動産業界の最新ニュースオピニオン、新建ハウジングの編集長である三浦様のお話しは、即実行できるものから、今年の工務店運営の指針を導いてくれる、とても有力な「ネタ」がたくさんありました。


三浦編集長による「『一歩抜けた』地場工務店になる為には」。


そのキーワードを、ダイジェストで、ご紹介いたします。


三浦様_写真.jpg


■加速するジェネリック化(代用品化)の波にのまれない会社となる


様々技術進歩や外国人労働者の受け入れなどの中で、様々な業務が淘汰され、食べていく、生きていく為の「生業」だけを考えているとジェネリック化(代替品化)されてしまう傾向にある。


つまり「代用品」がすぐにできないこと、「自社」の強みを高めていくことがますます重要に。


それには、仕事を『志事(しごと)』と考えていくべき時代であり、こうありたいと強く思う志、「ビジョン」をもって、この仕事は代用しても可能な仕事、この仕事はビジョンをもってする仕事を整理していく必要がある。


■消費税インパクトはあるのか、ないのか


政府の緩和対策で駆け込みによる反動は起きない。消費税増税後は将来不安もあって節約傾向になる。そもそもサラリーマンの手取りが減少していることもあり、住宅予算も減少。材料の値上げ予告もでており、工務店としてはおのずと、利益確保をどのようにしていくかが課題になる。


すまい給付金、延長される住宅ローン減税、次世代住宅ポイントの勉強会は、ぜひ社員全員で参加し、エンドユーザーにわかりやすく解説してもらうことが必至。


ーーー


三浦編集長による「『一歩抜けた』地場工務店になる為には」。このヤマチコーポレーション建材事業部では、特別に許可をいただき、そのキーワードを、ダイジェストでご紹介しております。


2019年の事業運営に大変貴重な情報です。こちらで、またご紹介いたしますので、お楽しみに。



発信:ヤマチコーポレーション建材事業部 


℡ 011-261-9911