【Pick Up:トクラス新キッチン】料理を楽しく、暮らしを豊かに。トクラスから新しいキッチンの提案

2019.06.11 UP

column-pickup-may19_1.jpg


キッチンは家のなかでもとくに、住む人のこだわりが凝縮している場所。食事の支度や後片付けをいかに楽しく快適にできるか?それによって、家事へのモチベーションが左右されるといっても過言ではありません。


そこで今回は、強く美しい人造大理石のキッチンカウンターで知られる「TOCLAS(トクラス)」の新商品に注目。料理家の栗原はるみさんがプロデュースした『harumi's kitchen』スタイリッシュに生まれ変わった『Bb』、2つのシステムキッチンをご紹介します。


-----------------------------
INDEX
①もっと楽しく!栗原はるみプロデュース『harumi's kitchen』
②よりスタイリッシュに!プランも多彩になった新しい『Bb』
③ショールームで使い心地を体感。うれしいフェアも開催
-----------------------------


1 .料理をもっと楽しく!栗原はるみプロデュース『harumi's kitchen』



column-pickup-june19_2.jpg


『harumi's kitchen』をプロデュースした栗原はるみさんは、家庭料理を中心としたアイデアあふれるレシピで、幅広い層から支持される人気の料理家です。ライフスタイルを提案する生活雑貨ショップやレストラン&カフェのプロデュースなど、多方面で活躍される輝く女性の代表であり憧れの存在です。


毎日の家事や仕事のため、一日の大半をキッチンで過ごす栗原さんは、使いやすく楽しく自由なキッチンを求め、これまでに11回も改修を重ねているのだとか。『harumi's kitchen』には、そんな栗原さんならではの使い勝手とアイデア、「料理をもっと自由に楽しんでほしい」という思いが、たくさん詰め込まれています。


column-pickup-june19_3.jpg


最大の特徴はカウンター下に収納できる可動式の「ワークトップワゴン」です。キャスター付きのワゴンを引き出して作業スペースを増やすだけでなく、食事やおもてなしのサブテーブルとしても使え、収納棚がオープンなのでモノの入れ替えがラク。


自宅キッチンをコンロ下もシンク下もすべてワークトップワゴンにしている栗原さんは、ご自身も朝食用のテーブルやクッキーづくりの作業台、時にはパソコンを置き仕事場として、楽しみながら自由に使いこなしているそうです。



ほかにも、キッチンカウンターの奥行きを通常より5cmプラスし70cmとし、広々使えるようにしているほか、側面にイス掛けフックを取り付けたり吊戸棚下に跳ね上げ式扉の収納を設けたり中が見えるオープンストッカーやサブシンクが選べるなど、栗原さんならではの工夫が随所に盛り込まれています。



カラーリングは栗原さんが好きな白シャツとデニムのイメージで、白とネイビーをセレクト。濃紺に青を加えたさわやかなネイビーは、『harumi's kitchen』のためにトクラスが作った新色です。



発売に先駆けて、4月に東京のショールームで行われたイベントでは、栗原さんも参加されご自身の経験を交えながら、キッチンに対する並々ならぬ思いとこだわりを語られたそうです。


column-pickup-june19_4.jpg


ワークトップワゴンをはじめ各パーツのより詳しい情報は、「harumi's kitchen」の専用サイトがオープンしているので、下記URLからチェックしてください。


「harumi's kitchen」の専用サイトは、コチラ


※栗原はるみプロデュース オリジナルキッチン「harumi's kitchen」は、株式会社ゆとりの空間、東邦ガス株式会社、トクラス株式会社の共同開発商品です。



2.よりスタイリッシュに!プランも多彩になった新しい『Bb』


column-pickup-june19_5.jpgcolumn-pickup-june19_6.jpg


すっきりデザインでキッチンを広くみせる、基本性能も充実したベーシックなシステムキッチン『Bb(ビービー)』が、この7月から価格はそのままに、より使いやすくスタイリッシュに生まれ変わります。


変更点はシンク下の扉割りが変更となり、大きなものを出し入れしやすい形に変わり、け込みのカラーリングを扉に合わせて統一感を持たせたところ。


プランバリエーションも強化され「フロアスライド」「大引出」「開き扉」に加え「フリースペース」を追加。レール種類の選択幅も増えています。また、他社と差別化できるカウンターとして、インテリア空間に映える砂目を表現した2色の「サンドグラーナ」が登場。扉や取っ手、キッチンパネルのラインナップも充実。より上質な素材感のものも選択できるようになりました。


「ファンのお手入れ不要」で好評のサイクロンフードにブラックカラーが加わるなど、ブラックを基調としたスタイリッシュなインテリア空間に映える、キッチンの提案を可能にしているのも注目ポイントです。



カウンターや扉など、新商品を組み合わせることで提案できるインテリアテイストの幅も格段に広がっています。代表的な4つのインテリアテイストをご紹介しましょう。


column-pickup-june19_7.jpg


エリソンナチュラル/20~30代向けの今どきインテリア。温かみがあり、素朴でナチュラル。ラスティックとナチュラルを組み合わせたいいとこ取りのインテリアテイスト。


column-pickup-june19_8.jpg


モノトーンラスティック/モノトーンを基調としたシックでラスティックなインテリア。年代問わず受け入れられる上質で落ち着いた空間を演出


column-pickup-june19_9.jpg


和モダン/親しみのもてる和テイストに、シンプルモダンを融合して現代風にアレンジ。今の暮らしに合った大人の空間。


column-pickup-june19_10.jpg


ナチュラル/すべての世代に人気の自然のぬくもりを感じる明るく穏やかな空間。飾りすぎず無理しない、そんな心地よさが人気


※トクラスのキッチンはこちらでチェック 



3.ショールームで使い心地を体感。うれしいフェアも開催


今回ご紹介した栗原はるみさんプロデュースの『harumi's kitchen』は、全国のショールームで展示中。また、ワークトップワゴンの発売を記念して、8月31日までショールームフェアを開催しています(詳細は専用サイトで確認を)。


好きな場所に移動して、どこでも作業スペースを広げることができ、サブテーブルとしても使えるワークトップワゴン。その使いやすさと楽しさを実際に体験できます。



ショールームではキッチンをはじめとした水回り製品の使い心地を体験できるほか、最新のリフォーム情報を網羅。暮らす空間と使う人にフィットする水まわり空間を提案するためのヒントを見つけに、足を運ばれてはいかがでしょう。


※ショールームの情報はこちら