TOP-MAKE with-PRODUCTS-【メトロタイル】時がたつほどおトクな屋根材って?!

【メトロタイル】時がたつほどおトクな屋根材って?!

一般的な彩色スレート板などの屋根材と、メトロタイルは、長い目でみてどのくらいのコスト差が出るのでしょう?

家にかかるランニングコストを資金計画時に提案することも大切

住宅を購入するときに資金の相談を受けるファイナンシャルプランナーが提案する、そのお施主様ごとのライフプラン。お施主様が、家族とともに暮らす毎日の中で、いつどのくらい、どこにお金がかかるのかをご提案し、そのご家族ごとの資金計画をアドバイスします。その中で、コストが一番かかる「家」に対する資金計画はとっても重要。

建ててから30年間住む家。メンテナンスが不要の家はありません。お子様にかかる入学資金などより、わかりづらい「おうちのメンテナンス費」を建てる前にきっちり提示してあげることも、住宅会社とお施主様の絆を強くするひとつの方法です。

「メンテナンスフリー」とは、「コストパフォーマンスの良さ」の証!

メトロタイルの屋根は、メンテナンスフリーを特徴のひとつとしてうたっています。テナンスフリーだからこそ、コストパフォーマンスがいいといえる、データをご用意しました。

色やデザインで選ぶ方もおおいメトロタイル
見た目がよくて、性能もいい。実は万能タイプの屋根

一般的なデータから 、彩色スレート板の場合30年間約200万円かかるといわれています。

  •  家を建ててから10年目で屋根の塗り替え費用で約50万円
  •  20年目で、葺き替え費用 → 約100万円
  •  30年目で、塗り替え費用 → 約50万円

メトロタイルの場合。過去の実績から換算すると、0円といわれています。 それは、

  • 塗り替えの必要がない
  • 30年の製品保証付き(美観保証は10年間)
  • 遮熱性能が高く、耐久性がある(ので、劣化しずらい)

導入費用は、もちろん彩色スレート、または、ガルバリウム鋼板と比較するとお得感はありません。しかし、初期導入費と、お住まいになってからのランニングコストは、どちらが家庭にとって負担でしょうか?

住宅購入する際は、ほとんどの方が、住宅ローンを使用します。そう考えると、お子様の成長によって、年々かかる子育て資金が、ライフステージのランニングコストの主役となります。これを考えると、住宅の初期費用として、おうちのランニングコストをくみこんだ方が精神的にも負担は軽いです。

また、メトロタイルの初期導入費を他素材のメンテナンス費と比較しても、約100万円以上、メトロタイルの方がお得と換算できます。(当社比較)

コストだけじゃない!安全性も兼ね備えた万能屋根

災害時もつよいメトロタイル。家族を守るという意味でも、コストメリットが高い屋根材といえます。続きはこちら

【メトロタイル】災害時、家族の命を守るのは、この屋根かもしれません。

製品に関するお問い合わせ

株式会社ヤマチコーポレーション
北海道以南の皆様:東京支店 03₋5652‐3681
北海道:札幌本社  011-261-9911

https://www.yyy-yamachi.com/myke/contact/

記事一覧に戻る