TOP-MAKE with-PRODUCTS-【メトロタイル】冷房だけではない熱中症対策。家づくり&リフォームで考える屋根材選びの大切さ

【メトロタイル】冷房だけではない熱中症対策。家づくり&リフォームで考える屋根材選びの大切さ

屋根で暑さ対策とは?
東京都多摩動物公園に採用例。緑と赤のコントラストのほかに遮熱効果も

熱中症の約30%は屋内・部屋の中で起きており、家の中で脱水になる方が増加 。特に高齢者は重症化するケースも。冷房や水分補給のほかに考える「熱中症対策」を考えましょう。

簡単に自宅でできる、ヒートアイランド現象対策、熱中症対策といえば

エアコンや扇風の使用

●日よけの設置

●窓を開けて通風を良くする

ですが、

室内温度を上げないようにする ということに取り組んでいる方は以外と少ないのです。実は、家の室温を下げるには、屋根の断熱や遮熱性が重要とされています 。

家庭でもできる!ヒートアイランド現象への貢献。

自治体の中では、2025年までに 夏季の熱帯夜日数を2000年と比較して3割減らすこと、屋外のクールスポット活用による環境改善を目指しているところもあります。

表1 地方公共団体におけるヒートアイランド対策の目標*出典8:環境省 ヒートアイランド対策ライン平成24年度版「効果的なヒートアイランド対策の推進手法」(2012)p40 https://www.env.go.jp/air/life/heat_island/guideline/h24/chpt2.pdf

その対策のガイドラインは、 家庭レベルでだれでも取り組める事例 も紹介しています 。 ヒートアイランドの要因となっている排熱は、各家庭での毎日の工夫によっても、十分抑えることに貢献できるのです。

天然石粒金属屋根材【メトロタイル】がヒートアイランド現象に貢献できるといわれる理由

メトロタイルの表面には、ニュージーランド産の天然石を細かく砕いた粒々を張っています。

この効果として、「雨音の抑制」「積雪時に雪が落ちにくい」「デザイン(屋根の模様)が美しい」など様々ありますが、天然石によって、熱が冷やされ、屋根が直接受ける太陽の熱を側からの熱を逃がします。

比べされる「彩色スレート板」との比較でも、空気層がある構造なので、野路裏での温度設定では10度以上お低減。

優れた遮熱性能で屋根材下の断熱材不要!詳しくはこちら!

「瓦並みの効果だね!」というお声もいただいています。

メトロタイルは、新築でもリフォームでも施工が可能です。

リフォームで行う場合は費用が軽減される「カバー工法がおすすめ」です。

カバー工法の説明はこちら

実は、東京都多摩動物公園のアフリカゾーンもカバー工法でリフォームした事例。その事例はこちら

まとめ

屋根のチョイスひとつで、環境に配慮することができる

ヒートアイランド現象への貢献は、一般住宅、建築物でも、考えることたくさんあります。
これから家を建てる方や、この夏、家が暑くなりやすくて困っている方は、メトロタイルを採用して、建築プランを練ったり、リフォーム計画を立ててみたりしてはいかがでしょうか。

製品に関するお問い合わせ

株式会社ヤマチコーポレーション MYKE販売担当
担当窓口 TEL:03-5652ー3681

https://www.yyy-yamachi.com/myke/contact/

記事一覧に戻る

RELATED CONTENTS 関連記事

MAKE with

【メトロタイル】海外建築事例

MAKE with

【メトロタイル】海外建築事例

MAKE with

【メトロタイル】海外建築事例

MAKE with

【メトロタイル】国内建築事例 / メトロスレート

MAKE with

【メトロタイル】国内建築事例 / メトロローマン

MAKE with

【メトロタイル】国内建築事例 / メトロローマン

MAKE with

【メトロ】海外建築事例 / メトロスレート

MAKE with

【メトロ】海外建築事例 / メトロスレート