TOP-MAKE with-PRODUCTS-【グラベルフィックス】今、都市型水害の防止を考える。

【グラベルフィックス】今、都市型水害の防止を考える。

水害、台風、地震などの自然災害 の頻発から使う資材選択を。

「都市型水害」は、これまで便利と感じていた部分が、デメリットになる危険性をはらんでいます

「水害」は、自然現象により土地が浸水し、住居、農地、など、生活インフラが影響を受けて、人命や建築物などに・健康や資産に及ぼす被害のこと。

自然の環境では、雨水は地面に吸い込まれたり地表面を流れたりしながら、ゆっくりと川にたどりつきます。都市部では、地面が人工的に舗装されているので、雨水の多くは地面に吸い込まれずに排水溝に入り、人工的に作られた下水管や開放水路を経由して河川に放流されます 。

地面を覆う人工的な舗装は、交通を活発化させ、暮らしを豊かにしてきました。しかし「都市部」では増えすぎた人工的舗装でにより、ある種の水害が増えているのも事実です。

「透水性が高い」資材「グラベルフィックス」が、今、活かせること。

透水性が高い資材「グラベルフィックス」が、今、活かせること。それは、<排水設備への 流出量を軽減し、雨水流出抑制効果 に期待>という点です。

そして、それは、ひろい意味で、「都市型水害」の防止につながります。

グラベルフィックスの断面図。不織布が下部についた、ハニカム構造の枠材の中には砂利をいれます。

都市部の人口的な舗装材の変わりに、「グラベルフィックス」を敷くことで、自然環境に近い状態で雨水の浸透を促すことを期待できます。

雨水を地中に浸透させるため水たまり知らず、透水性が非常に高いので、大きな被害を齎す雨水公害を減らしの減少に役立ちます。

従来は水害がなかった地域でも「都市型水害」を目にする機会が多くなりました。 建物やインフラへの影響だけでなく、流された、ごみの発生や下水があふれるなどからも病原菌の拡散など衛生面の問題につながることもあり、深刻な問題です。

グラベルフィックスの透水性を、簡単な実験実証してみました

お判りいただけますか?様々な実験のタイプで、透水性は変わりありませんでした。つまり、「グラベルフィックス」不織布やハニカム枠で、水量が阻害されることがないということが実証されます。

「雨水」は、人間だけでなく、あらゆる生態系の源です。砂利舗装材「グラベルフィックス」は、「透水を自然に使い状態で促すことができるので、植物や地中生態を改善。結果として、建築・公共事業に非常に貢献しやすい舗装材ですね。」といううれしいお声をいただいています。

製品に関するお問い合わせ

株式会社ヤマチコーポレーション MYKE販売担当
担当窓口 TEL:03-5652ー3681

https://www.yyy-yamachi.com/myke/contact/


記事一覧に戻る

RELATED CONTENTS 関連記事

MAKE with

【グラベルフィックス】知っておきたい、舗装材のメリット・デメリット

MAKE with

【グラベルフィックス】東京都 / 馬橋稲荷神社様

MAKE with

【グラベルフィックス】茨城県水戸市 / 偕楽園(かいらくえん)様

MAKE with

すべては、地球の水を守るために。──オランダ・BERA社の開発秘話

MAKE with

【グラベルフィックス】ポリプロピレン製のハニカム構造の土台ってどのくらい持つの?

MAKE with

【砂利舗装材 グラベルフィックス】不織布の役割ってなんだろう。