TOP-MAKE with-GALLERY-【シルクプラスター】北海道札幌市 / 事務所DIYリフォーム / アートデザイン

【シルクプラスター】北海道札幌市 / 事務所DIYリフォーム / アートデザイン

BRAND
シルクプラスター
PLACE
北海道

MYKE事業部とは別部署の「きたえる~む」の皆さんにシルクプラスターを使ってもらいました。

2020年8月より販売をスタートしているシルクプラスターですが、どうやら新商品として興味を持ってくれていたよう。「自分たちで塗りたいので使ってみたい!」とのお声をいただき、採用に至りました。

---------------------------------------------

今回は、せっかくなので施工の様子とともにご紹介していきます!

★まずは、下準備。

施工日の前日に下準備。シルクプラスターは施工前に水と混ぜて約12時間寝かせておく必要があります。

実はこの下準備がとても重要。繊維材と粉状になっている糊をなじませるために欠かせない作業なのです。

今回は事務所入り口のホール部分と事務所内の柱6本にシルクプラスターを塗る予定。ホール部分30㎡、事務所の柱部分42㎡。施工面積としてはボリュームがありますね。合計で25袋のシルクプラスターを水と混ぜておきます。

------------------------------------------

★プライマーを重ねていきます。

ホール部分はペールオレンジ色の内装材が塗られており、南欧風のかわいらしい雰囲気。

市販のローラーを使ってプライマーを塗っていきます。元の壁がオレンジなので色が透けないようにプライマーは2度重ね塗り。作業時間としては2~3時間ほど。重ね塗りするので乾いてから作業をします。

※プライマーを入れるちょうどいいサイズのバケツがなかったので、書類を入れるトレーで代用しています笑

------------------------------------------

★シルクプラスター塗布します。

プライマーが乾いたのを確認してから、ようやくシルクプラスターを塗っていきます。

ホール部分はアートデザイン/238。事務所の柱部分はアートデザイン/235を採用しています。

たまたまですが、2020年の人気色だった2色を選んでます。お目が高い!

※「【シルクプラスター】2020年最新 人気色ランキング!」はこちらからチェックできます。

事務所はスイッチプレートや掲示物などが多いので、細かい作業が発生します。そして、細かい箇所は難易度が高い・・・。入隅・出隅など先に細かいところを進めてから、広い面積に取り掛かるのがおすすめです。

【ホール部分のAfter写真】

アートデザイン:238

塗装されたドアのネイビーとシルクプラスターのくすんだようなグレーがとても似合ってますね。南欧風のかわいらしい雰囲気から落ち着いたシックなイメージに変わりました!

------------------------------------------

次は、事務所の柱部分。柱は出隅の部分が難しいんです。

『やっていくうちにどんどん慣れてきた!』と、最後の方にはけっこう早いペースで仕上げてました。

やさしい素材だからこそ、素手で持っても平気。たくさん手についてます!楽しそう。

【事務所の柱部分のAfter写真】

アートデザイン:235

235は238よりも濃いグレー。モダンな雰囲気にマッチします。

真っ白だった柱にグレーを入れることでアクセントになり空間を引き締めていますね。ポイントでアクセントカラーを入れるとのっぺりとしてしまう空間にメリハリが出てかっこよく仕上がるのでおすすめです!

------------------------------------------

ほとんどがDIY初心者の社員。ですが、とてもきれいに仕上がっていました。

『みんなで作業出来て楽しかった!』『最初難しかったけど、上手に塗れるようになった。』とのこと。

自宅のリフォームなどで家族みんなでトライしてみるのも思い出になって良いかもしれませんね。

MYKE Partner
株式会社ヤマチコーポレーション ライフサポート事業部「きたえるーむ」

「きたえるーむ」は質の高い機能訓練やサービスを通じて
利用するすべての人々が明るく自立した生活を送れるように支援し
高齢社会における「クオリティ オブ ライフ=生活の質」の向上に貢献します。

https://kitaeroom.com/

記事一覧に戻る