TOP-MAKE with-PRODUCTS-台風に強い屋根材とは?台風で屋根が飛ばされない対策もご紹介

台風に強い屋根材とは?台風で屋根が飛ばされない対策もご紹介

建物や人に大きな被害を及ぼす台風。強風で屋根や瓦が飛散させてしまう可能性も。

本記事では台風に強い屋根材についてご紹介します。

台風に強い屋根はある?

台風に強い屋根はある?

ここでは、台風に強い屋根についてご紹介します。

台風の規模感 

よく天気予報で『非常に強い勢力の台風』と耳にしますが、どれくらいの規模感なのかご存知でしょうか。被害や屋根に与える影響と合わせてチェックしていきましょう。

気象庁は台風の勢力を強さと大きさで表現します。

以下の表は台風の強さの階級分けです。

階級最大風速
強い33m/s以上〜44m/s未満
非常に強い44m/s以上~54m/s未満
猛烈な54m/s以上

台風の大きさの階級分けです。

階級風速15m/s以上の半径距離感
大型(大きい)500km以上~800km未満東京都から奈良県
超大型(非常に大きい)800km以上東京都から広島県

風の強さと被害の目安を紹介します。

風の強さ平均風速(m/s)どんな被害が予想される?屋根に与える影響
やや強い風10~15未満電線が揺れ始める樋(とい)が揺れ始める
強い風15~20未満壁やトタンが外れる屋根瓦・屋根葺材がはがれるものがある
非常に強い風20~30未満看板が落下する屋根瓦・屋根葺材が飛ぶものがある
猛烈な風30~40以上多くの樹木が倒れる固定不十分な金属屋根の葺材めくれる、住家で倒壊するものがある

表でまとめると台風の大きさと、周りのものや屋根に与える影響がよくわかりますよね。次項では台風に強い屋根についてご紹介します。

台風に強い屋根とは?

台風に強い屋根とは暴風に耐えるられる・豪雨に耐えられる台風の被害に負けない屋根のことです。     

台風に強い屋根材の種類と選ぶポイント! 

台風に強い屋根材の種類と選ぶポイント! 

台風に強い屋根材の種類について、それぞれご紹介します。

台風に強い屋根材の3つのポイント

耐風性能・防水性能・重量が屋根材を選ぶ際の大事なポイントです。

耐風性能

台風による暴風で屋根材が飛んでしまうと、近隣の住宅などに被害を及ぼす可能性があります。また屋根材飛んだりめくれてしまったりすることから、雨漏りの可能性もでてきます。このような被害を受けないために、耐風性能をしっかりチェックするべきです。

防水性能

防水性能も耐風性能と同じく、豪雨から建物を守り、雨漏りを防ぐ必要があるため重要です。  

重量 

ある程度の重さがある屋根材は台風による飛散対策に有効です。ただ、より重い屋根材を選べば良いというわけではありません。ある程度の重さと均一に屋根の下地へしっかり固定することが大切です。

伝統的な屋根材である瓦屋根

特徴

瓦屋根は伝統的な屋根材のひとつで、粘土で焼き固められてできます。近年では粘土製ではない軽い瓦も作られています。

耐久年数は瓦の種類によりますが20~60年程度です。施工費用は陶器瓦の場合、1㎡あたり7,000~12,000円が目安です。

台風に対するメリット

瓦は重量があるため強い風でも飛ばされにくいです。また高い防水性もあり、家をしっかり守ってくれます。

台風に対するデメリット

瓦は重量がメリットですが、風速25m/s以上の暴風では飛ばれてしまう可能性もあるため、必ずしも安全とは言い切れません。瓦は均一に屋根の下地へしっかり固定すること、メンテナンス・点検をしっかり行うことを忘れないようにしましょう。

ポピュラーなスレート屋根

特徴

近年の住宅でよく見られる屋根材のひとつで、薄い板場の屋根です。重量は瓦の半分程でセメントを主原料にしています。

耐久年数は15~50年程度です。施工費用は1㎡あたり4,000〜9,000円が目安です。   

台風に対するメリット

きちんと施工がされていれば、強風で容易にはがれたり飛んでしまうことはないでしょう。また塗膜に高い防水性能あり、雨漏りなどを防ぎます。     

台風に対するデメリット  

デメリットは経年劣化により、防水効果が薄れることがあげられます。そのため定期的な塗装を必要とするでしょう。

【金属製】ガルバリウム鋼板屋根

特徴

ガルバリウム鋼板屋根は金属製の屋根で、メッキ加工をした鋼板のことをいいます。     

耐久年数は15~50年程度です。費用は1㎡あたり6,000~9,000円が目安です。

台風に対するメリット

メリットは強風でもはがれにくく、金属製のため防水効果が高いことです。また金属製ですが錆びにくいです。安価であることもメリットのひとつでしょう。

台風に対するデメリット

デメリットは軽量のため、しっかりと施工されていないと強風ではがされやすくなる可能性もあります。また錆の発生などが考えられるため、定期的な塗装やメンテナンスが大切です。

その他の屋根材にはなにがある?

その他の屋根材としてトタンやアスファルトシングルなどがあります。

トタンは安価ですが錆びやすく耐用年数が低いなどデメリットが多く、近年ではあまり使用されていないようです。

アスファルトシングルは防水性が高いですが、こまめなメンテナンスを必要とします。

台風に強い屋根形状とは? 

台風に強い屋根形状とは? 

屋根の形状は見た目だけではなく、機能も変わってきます。

台風に強い屋根形状のポイント

屋根の勾配、軒先の長さも台風対策に大切なポイントです。

勾配

勾配とは屋根の傾き度合をのこといいます。勾配には角度が大きい順から急勾配・並勾配・緩勾配の種類があり、それぞれに特徴があります。

急勾配は角度があるため雨がたまりにくいです。並勾配は最も一般的な屋根の勾配で、さまざまなトラブルに対応しやすく、雨漏りをしてしまった場合も安心です。また緩勾配は面積が小さいため、風の影響を受けにくいといわれています。

軒先の長さ

壁側より外側に出っ張ている屋根の部分をといい、軒の先端を軒先といいます。軒の長さが90センチ程度あれば、雨が外壁に当たりにくいです。また軒先に長さがあると、外壁と屋根の接合部分からの雨水が浸入しにくいメリットもあります。

人気が高い切妻屋根

特徴

切妻屋根は最も一般的な屋根のイメージでしょう。2つの傾斜面が山のような形をしています。既存の屋根からの切妻屋根への工事費用は200~400万円程度です。

台風に対するメリット

雨漏りしにくいのがメリットです。またシンプルな形ですので、メンテナンスが比較的容易にできることがあげられます。

台風に対するデメリット

屋根がかかっていない外壁部分には、直接雨があたり劣化しやすく雨漏りのリスクが考えられます。

4つの面からできている「寄棟屋根」

特徴

寄棟屋根は4つの面からできている屋根のことです。既存の屋根からの寄棟屋根への工事費用は300~500万円程度です。    

台風に対するメリット

4つの面でできている屋根のため、耐久性が高く耐風性にも強いといわれています。   

台風に対するデメリット

施工やメンテナンスをきちんと行っていればさほど問題ありませんが、切妻屋根より雨漏りのリスクが高いといわれています。屋根上のY字型の部分に雨漏りの可能性があります。

同じ角度で4方向に傾いている「方形屋根」

特徴

方形屋根は頂点から4方向へ同じ角度で傾いています。ピラミッドような形をしているのが特徴です。      

台風に対するメリット

方形屋根は4方向から支えているため丈夫な作りです。また4方向から均等に雨がはけるため、雨はけが良いです。      

台風に対するデメリット

屋根の頂点部分はつなぎ目が多くなるため雨漏りのリスクが生じます。      

【フラットな屋根】陸屋根

特徴

陸屋根はフラットで水平な形をしている屋根のことです。雪が降る地域では、落雪による事故を防ぐため陸屋根にしている住宅もあります。 

既存の屋根からの陸屋根への工事費用は300~500万円程度です。    

台風に対するメリット

フラットな形のため、風の影響を受けにくいのがメリットです。

台風に対するデメリット

傾斜がないため、雨漏りのリスクが高いです。雨水や雪が溜まると傷みやすいというデメリットもあります。

その他の屋根形状

その他の屋根として片流れ屋根があります。1つの面のみで、片側に傾斜があるタイプです。屋根からの雨漏りのリスクが低いのが特徴です。

台風に強い屋根を作る工法とは? 

台風に強い屋根を作る工法とは? 

安心・安全に施工するために、屋根のガイドラインがあります。

「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」

「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」とは安心な瓦を用いて安全な施工をするためのガイドラインのことです。対象は粘度瓦と厚型スレートで、方法は屋根材を釘やビスで屋根本体に固定します。往来の工法より耐震性と耐風性が高くなったことがメリットです。    

「鋼板製屋根構法標準(SSR 2007)」

「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」と同じように、金属の屋根には「鋼板製屋根構法標準(SSR 2007)」という施工マニュアルがあります。強風などの被災を低減できるようにマニュアル化がされました。以前は共通のマニュアルはなかったそうですが、台風や震災によってマニュアルを設定されるようになったそうです。

台風で屋根が飛ばされないための3つの対策

台風で屋根が飛ばされないための3つの対策

屋根が飛ばされないための対策を3つご紹介します。

棟板金を固定する

棟板金が強風で飛ばされる原因として、固定が弱まっていることがあげられます。棟板金の釘が抜けていないか確認をしましょう。釘を打ち込んだ後はコーキング処理をするとより良いでしょう。     

破損個所の修繕

例えば瓦が破損している場合、そののまま放置せず台風がくる前に必ず直しておきましょう。瓦が飛ばされてしまう危険があります。

窓ガラスの保護

台風により窓ガラスが割れると屋根が吹き飛ばされるリスクだけでなく、室内にいる人にも怪我などの危険が及びます。窓ガラスが割れないよう、養生テープや段ボールなどなど保護しましょう。

もし台風で屋根が飛ばされた場合にはどのようにすれば良い? 

台風で屋根が飛ばされてしまった際の対処法についてご紹介します。

屋根の業者へ連絡

屋根の業者へ連絡を入れましょう。台風後にどの部分が損傷したか確認し、業者へ伝えます。また被害の状況を写真に撮っておくと、保険金の申請の際に役立ちます。     

保険会社へ連絡

加入している保険会社へ連絡します。火災保険が利用できるかを確認し、申請書類をもらいます。     

火災保険申請

保険会社から送られてきた書類を確認し提出します。保険金を使い一部自己負担、または自己負担なしで屋根の修繕工事ができる可能性があります。

台風から屋根を守るために 

台風の被害を受けないためには日々のメンテナンスは重要です。

定期的な点検とメンテナンス

最低でも10年に一度のメンテナンスが必要ですが、1年に一度は点検を行い、破損や劣化がないかチェックしましょう。

確認ポイントは棟板金が浮いていないか瓦と瓦の間に隙間がないか割れていないか屋根材に反りがないかに気を付けます。

これらのポイントに当てはまると屋根が飛ばされやすい状態にあるため、事前に対策をしましょう。自分で点検するよりプロにお願いすると、自分では判断できない劣化などを見つけくれますし、安心感があるのでおすすめです。

記事一覧に戻る

RELATED CONTENTS 関連記事

MAKE with

【メトロタイル】<美しい屋根>が建築物の主役になるということ。

MAKE with

【メトロタイル】広島県 / 結婚式場 / メトロローマン

MAKE with

ガルバリウム鋼板屋根について知っておきたいことのまとめ

MAKE with

【メトロタイル】デザイン重視の方に進めたい洋瓦調<メトロローマン>

MAKE with

屋根材の種類と耐久性、耐用年数などをご紹介

MAKE with

台風に強い屋根材とは?台風で屋根が飛ばされない対策もご紹介

MAKE with

【メトロタイル】国内建築事例 / メトロローマン

MAKE with

【メトロタイル】国内建築事例 / メトロスレート